セミナー・講座

今回は外国人材のマネジメントについてです。

「言ったことができない」、「成長しない」、「そもそも外国人をどのようにマネジメントすればよいかわからない」。文化・風習が違うというのは分かっていても、このようなことに頭を悩ませている経営者様・管理職様は多いかと思います。

今後さらに増加していく外国人材をいかに成長させ、成果に直結させるかは大きな課題です。本セミナーでは、このような課題を解決するためのマネジメントについて講義します。

「実際に導入した企業の話が聞きたい。」
「組織改革で起こり得る問題やその対処法を事前に知りたい。」
「成功事例を導入前に聞いておきたい。」

このような、声にお応えできるのが、本セミナーです。

上層部のマネジメントを変えることで、会社全体の風土、生産性、離職率を大きく改善してきた組織改革の成功例ですが、背景には要点を押さえた的確な判断がありました。

「識学」以外の組織から、識学を導入した実体験を聞くことのできる数少ない機会です。無料での開催としておりますので、是非、ご参加ください。

今回は教育やスポーツ指導の場面で生徒・選手を迷わせない指導方法についてです。「不満そうな顔をしている」、「指示が伝わらない」、「方向がずれていく」。このようなことに頭を悩ませている教育者・指導者は多いかと思います。社会の多様性が進む中、様々なバックグラウンドを持つ人達をどのようにして迷わずゴールに向かわせることができるのか。本セミナーでは、このような課題を解決するためのマネジメントについて講義します。

事実2019年の上場を果たした多くの企業が識学の導入企業です。また企業だけに留まらず、スポーツ団体や、教育団体からも支持を得ております。
その本当の理由を株式会社識学代表の安藤自らが登壇し、識学の理論や、誤解や錯覚から来る間違えたマネジメントによる弊害を紹介します。

株式会社ピーアップは2016年に識学を導入
業界全体が劣勢となっていく通信業界で圧倒的シェアと成長を実現
年商規模では500億に到達し、2020年ホールディングス化
株式会社P-UP Worldとして全事業を分社化し、1000億企業を目指す
導入後どのような変化を遂げたのかを執行役員 大熊より紹介

今回は外国人材のマネジメントについてです。

「言ったことができない」、「成長しない」、「そもそも外国人をどのようにマネジメントすればよいかわからない」。文化・風習が違うというのは分かっていても、このようなことに頭を悩ませている経営者様・管理職様は多いかと思います。

今後さらに増加していく外国人材をいかに成長させ、成果に直結させるかは大きな課題です。本セミナーでは、このような課題を解決するためのマネジメントについて講義します。

上司のマネジメント次第で、部下の成長を阻害してしまう。その要因をお伝え致します。

今回は教育やスポーツ指導の場面で生徒・選手を迷わせない指導方法についてです。「不満そうな顔をしている」、「指示が伝わらない」、「方向がずれていく」。このようなことに頭を悩ませている教育者・指導者は多いかと思います。社会の多様性が進む中、様々なバックグラウンドを持つ人達をどのようにして迷わずゴールに向かわせることができるのか。本セミナーでは、このような課題を解決するためのマネジメントについて講義します。

正しい評価制度は「社員が自ら目標を達成したい」という意欲を引き出します。逆に言えば、誤った評価制度の下では、評価は「得られなくてもべつによいもの」になりかねません。

本セミナーでは、当社の事例も交えて、日々、経営者・管理職に対しマネジメントトレーニングを行う識学講師が「正しい評価制度」を解説します。
受講後には、ご自身の経営・チーム運営に持ち帰り、実践できる実用的な内容を、識学のメインサービス「マネジメントトレーニング」同様に丁寧に解説致します。
【5月28日】内容未定

決定次第、掲載いたします。今しばらくお待ちくださいませ。

「がんばってやってます!がんばります!」、「昨日は○○時まで働いてました!」、「時間なかったんです・・・」部下がこのようなこと言っていませんか?それで成果は上がっていますか?成長していますか?

部下が求められている成果を出せない原因と責任は、全て上司にあります。部下から言い訳や頑張りアピールを取り除き、目標達成に向けて集中して走らせる。そのようなマネジメントはできていますでしょうか?

本セミナーでは社員が育つマネジメントについて講義いたします。

今回は外国人材のマネジメントについてです。

「言ったことができない」、「成長しない」、「そもそも外国人をどのようにマネジメントすればよいかわからない」。文化・風習が違うというのは分かっていても、このようなことに頭を悩ませている経営者様・管理職様は多いかと思います。

今後さらに増加していく外国人材をいかに成長させ、成果に直結させるかは大きな課題です。本セミナーでは、このような課題を解決するためのマネジメントについて講義します。

【6月11日】内容未定
決定次第、掲載いたします。今しばらくお待ちくださいませ。

評価制度と聞いて、どのようなことを考えますでしょうか?

・そもそも評価制度を入れる必要性があるのか?
・自分達だけで上手く運用できるのか?
・一度作成してもその後継続的に料金が必要なのでは?
・評価制度を入れても部下が正しく成長するのか?
等、考えることは様々あると思います。
ですが、組織を長期的に機能させていく為には、評価制度は必須です。
部下に正しいモチベーションを発生させ、長期的に組織を動かしていく。
本セミナーでは、評価制度に重要性を中心にお伝えしていきます。