すべての記事

身に覚えのない恐怖 ㈱P-UP World 識学認定講師 阿部泰明

2020-05-22 16:22

死に直面した経験はありますか? 私は、アフリカに駐在していた時に乗った乗合タクシーが、暴走の末横転した時は「終わった」と思いました。車が回転している時はなぜかスロー再生のように景色が流れ、日本のいなり寿司が頭に浮かんでいました。最後に食べたかったのだと思います。 今こうして文章を書いているので、とりあえず一命は取り留めたということですね。 さてここからが本題ですが、つまり、死というものは見えないところからもやってくるのです。 見えていれば対処できることもあるのですが、見えていないとある日突然もう手遅れということになります。 そして、死の恐怖を感じていればそれを避ける行動がとれますが、恐怖を感じていなければ回避行動をとれません。 ただし、・・・・・

休校中、全く勉強しない娘に識学を使って勉強させた話 株式会社P-UP World 識学認定講師 酒井悠矢

2020-05-15 17:35

昨今、小中高大、多くの学校が休校になっていますね。 勿論、私の娘(中学生)の学校もです。 今年から入学なので、入学式は何とか実施したのですが、そこからずっと休校が続いています。 実は、私も4月頭からテレワークになっており、在宅の身です。 日中は仕事をしている為、最初は気にもとめなかったのですが・・・ ある日、ふと気が付くと 娘がずっとスマホを弄ってる気がするんです。 フィルター付きなので、朝9時~21時までしか使えない設定にはしているのですが 私が休憩で部屋を出てきた時も、仕事が終わって部屋から出てきた時も、休日も・・・ とにかくずっとスマホを弄ってました。まさに、スマホ漬けです(笑) 妻が頻繁に「勉強しなさい!」と注意していたのを聞いていた為、勉強しているものだと思い込み、何もしていなかった私も悪いのですが・・・ 私は、娘に聞きました 私「あのさ、ぶっちゃけ、勉強してる?」 娘「いや、全くしてない」 やはり・・・ このまま過ごさせるのはマズイと思い、色々考えた結果次のような方法を取ってみました。

『理想を体現する組織』 ㈱P-UP World 識学認定講師 有馬大悟

2020-05-15 17:01

組織の中で一番理想的な状態って何でしょうか? 「リーダーの意思決定が迅速である(市場/競合他社より早い事が前提」 「リーダーと末端までの意思の疎通に齟齬が発生してない」 「現場からの事実情報と自らの責任達成に必要な権限要求が常に上がってくる」 色々あるかと思いますが、上記の3点は組織成長にとってメリットがあり理想とする姿に近づくと同意頂く方が多いです。 これらに共通していることは組織のリーダーと現場で「認識にズレが発生」することによって全てダメになってしまうという事です。 今回は上記の“ズレ”に対して質問で頂く事の多い「誤解」や「錯覚」って何?という事についてご説明します。

誰に責任あるの? ㈱ピーアップ 識学認定講師 中村浩樹

2020-04-08 17:23

私は以前、管理職として部下にマネジメントを行うにあたり、どうすればよいかを悩んでいました。上司の真似したり、マネジメント本を読みました。 正解がわからず、悩んでいました。 識学を学んだ今考えてみれば、誤ったマネジメントばかりしていたことに気づきました。 当時の私はこんなマネジメントをしていました。 ・「部下にやる気を出させるために、今日は飲みに連れていってあげよう!」 ・「落ち込んでいるから、これ以上仕事を与えるのはやめ、自由にやらせてみよう!」 部下の為と思ってやったことが、部下の成長につながりませんでした。 理由は一つ、私のマネジメントに問題があったのです。 「仕事のできない部下だ」 「言ってることがわからないやつだ」 でも本当は違いました。全て部下のせいにしている自分がいました。

運動するモチベーション ㈱ピーアップワールド 識学認定講師 岩永大作

2020-04-06 17:12

今回はスポーツのモチベーションに関するお話です。 今年は東京マラソンをはじめ多くのスポーツ大会が中止・縮小となっており、「大会に向けて練習したのに…。」「モチベーションが下がった…。」という話しをよく聞きます。 はじめてスポーツの大会に出場する際には、目標設定をすることが多いですよね。 「フルマラソン4時間以内でゴールするぞ!」「ゴルフ100以内でラウンドするぞ!」など。 子どものスポーツ大会だと監督・コーチが目標設定することが多いかもしれません。 スポーツにおいても仕事と同じように目標が明確になっていれば、そこに向けて迷いなく集中して練習に取り組むことができます。

モチベーションの正体とは? 株式会社ピーアップワールド 識学認定講師 酒井悠矢

2020-03-27 17:50

先日、某有名人の方が、御自身のyoutubeチャンネルにて、識学の本から経営に関する出題をされ、それに対して回答するという動画をUPされてました。 僕は普段からよくyoutubeを見ていて、上記の動画も拝見しました。 数ある経営本から識学を選ばれていたことにまず驚き、内容もかなり面白かったです。 (詳しくは、是非動画を見てください!面白いです!) 出されていた問題の中で スタッフさん「社長は社員のモチベーションを上げる為に努力をするべきである」 回答「〇」 スタッフさん「答えは×です!」 回答「えーー!絶対〇だよ!!」 というシーンがありました。

恐怖の正体 ㈱ピーアップ 識学認定講師 中村浩樹

2020-03-24 17:23

皆さんはどんなことに恐怖を感じますか? また、どういうときに恐怖感じますか? 私の体験を話します。 私は子供の時、自電車に乗るのが怖いと感じていました。 補助輪をつけているときには感じませんでしたが、 補助輪を外した時に自電車に乗るのが怖いと感じていました。 なぜなら、一回補助輪を外して自電車に乗った時、大転倒し 顎を10針縫ったからです。(笑)

片付けは誰の役割? ㈱ピーアップワールド 識学認定講師 岩永大作

2020-03-23 17:53

先日、娘の保育園の行事に参加した場面で感じたお話です。 よくある子供たち向けのゲームコーナーでのお手伝いに参加しました。 「父母会の集まりに積極的に参加されている方」「妻に言われたので渋々参加するパパ」と集まったメンバーの経緯は様々でした。 私はどの経緯で参加したかはさておき笑 父母会役員から与えられた持ち場(役割)で、私はゲームコーナーを担当でした。 お手伝いに参加したパパ・ママも同じように自分たちの持ち場へ。 識学のトレーニングで説明する、「役割が明確」な状態ですね。 「困ったことがあれば、役員の○○さんに相談し判断してもらってください」と引き継がれましたが、役割が明確なので、少し困ったことがあっても、そこは皆様大人な対応(曖昧な定義ですが…)でスムーズに進み、子どもたちは色々なゲームコーナーで遊び大満足そうでした。 ここまでは全てスムーズに進んでいました。 しかし、問題は片付けで起きました。

Vol.9「フラット組織から識学組織へ」株式会社YAZ 代表取締役CEO 田中康之氏

2020-03-23 07:31

創業以来、順調に成長を続けている株式会社YAZ。大学卒業後、シンクタンク会社の経験を経て2002年に創業した株式会社YAZの田中社長に識学導入後のお話を伺いました。

時間短縮 ㈱ピーアップワールド 識学認定講師 有馬大悟

2020-03-18 18:25

一日の時間は24時間ということは事実ですよね。 映画のバックトゥザフューチャーを鑑賞すると疑問が生まれるのですが、デロリアン(一応注意ですが、タイムマシンです)に乗っている時間って物理法則とは別だよな・・・って。 マーティ(一応注意ですが、タイムマシンに乗る主人公です)が体感している時間は24時間を超えるのでは?と思ったりもしますが、結論としてタイムマシンや次元回路が発明されない限り、この自然科学に基づく事実は変わらないって落ち着きます。 もう一つ、時間が物理法則と反しているなって感じる体感時間ってありますよね。楽しく感じている時、好きなことをして、ハッピーな時って時間を忘れて没頭しませんか?

限られた時間の中で ㈱ピーアップワールド 識学認定講師 森亮輔

2020-03-13 15:55

今から35年前、一人の中学生プロ棋士が誕生しました。皆様もご存知、羽生善治。 当時、NTTからショルダーホンが発売され、町では「しもしも~?」なんて人もいました。 子供達にはスーパーマリオブラザーズが大人気。 もう昔のことように感じる1985年。 初の永世七冠のを達成した時にはなんだか震えてしまいました。 ところで、将棋界では、時間管理は個人の裁量に任されています。 しかし、勝ち進めば勝ち進むほどスケジュールは管理されていくことになります。 タイトルを獲得した場合、数か月先から翌年までのスケジュールまで決められてしまいます。 一番やることが多い人間が一番時間を拘束され自由に学ぶ時間がないのです。 では、その限られた時間をいかに効率的に使えるのか。そこが重要です。

通い続ける理由 ㈱ピーアップワールド 識学認定講師 森亮輔

2020-03-13 09:13

「よし、今日も寄り道して帰ろうか!?」 週末の夜、あるいは日々の仕事帰りにふらっと立ち寄るお店。 行きつけのお店があるって素敵なことですよね? 通う理由は一つとは限りません。 人と人、人とお店、業者との関係や同業とのお付き合い。 全てのものは“有益性”で繋がっています。 言い換えるならば、双方にメリットがあって繋がっているのです。 人によって価値観も違いますので、誰もが満足できるお店なんてありませんよね!? 人によって求める“有益性”は違うのですから。

無意識に行っている行動を見直す ㈱ピーアップワールド 識学認定講師 有馬大悟

2020-03-09 16:36

昨今コロナウィルスが流行っていますが、体調管理はニュースで再確認しますけど、本当に大事ですよね。常にアルコール消毒、うがい手洗いを実施しましょうという注意喚起はどの企業様でもやられていると思います。 でも、うがいや手洗いって無意識に行うことが多いですよね。 蛇口を確認して、最短で水を出して石鹸を出して、最短で手を洗う為に身体を動かして、水を出しすぎない様に注意しながら手を洗ったり、最後にアルコール消毒。 特に今回のコロナウィルスやインフルエンザの流行で注意喚起が無かったら、日々の行動パターンを気にすることが無かった方も多いのではないでしょうか? かくいう自分もですので・・・ 今回は無意識に行っている行動を見直すという話です。

 逆境の先にあるもの 執行役員兼識学シニア講師 大熊憲二

2020-02-07 10:57

良くいいますね。 『ここを乗り切れば、今が正念場』 『バネみたいなものだ』 『止まない雨はない』 ※最後のは、ちょっとうさん臭い自己啓発型の方が使いそうな笑 しかし全てその通りですね。 常に右肩上がりで、一度も逆境なく、人生が進んで行く人などいませんから。 良い時も悪い時もあるという事です。 今日はそれをテーマにブログを書いていきます。

成長を見守る?or 声を掛ける? 株式会社ピーアップ 識学認定講師 有馬大悟

2020-02-07 10:57

部下をどうやって成長させよう? 早く自分で考えられるようになって欲しいな・・・ 出来ないなら教えてあげた方が早いのかな? 上記の様な成長に関する悩みって多いですし、尽きないものですよね。 新人に一つ一つ教えてあげて、トラブルを対処してあげてやっと成長してひと段落! って思ったら、部下からトラブルの報告が上がってきて対処の仕方を教えて解決したら、またトラブル! 人が増えてうれしい悲鳴の反面で、時間を取られてしまうことをストレスに感じてしまう方も多いですよね。 その上、対応に追われてる時は一つ一つに集中してるので次の仕事に目線を向けたり、成長の為って余裕を持って接することも難しいと良く聞きます。