貴重

皆さん一度は時間の使い方について考えた事がありますか?
私も毎週、時間の使い方について考えています。

人生1回だからどう過ごしていくか?
どう使っていくか?
どうしたら有効なのか?

皆さんが知っている『時間』は皆さん平等に与えられていて、使い方次第で人生は変わっていきます。
時間を早める事で次やりたい事が出来るので有益です。
しかし、いつの間にか時間の意識が弱まり、無意識に無駄にしている事があります。

私は営業として業務に取り組んでいます。
知人と話している時こんな事を聞きました。

企業の代表と営業が商談の打ち合わせの時の話です。
営業が都合良い日程を提示して、日時と場所を決めて当日を迎えました。

当日営業が5分遅れて到着した様です。

代表はいらいらしていたそうです。
結果、商談は上手くいかなかった様です。
人はどのコミュニティにおいても時間だけが平等に与えられいるので、時間を無駄にしていると何事もうまく行かないですよね。
ましてや相手の時間も無駄にしているので、双方にとってデメリットです。
知人からその話を聞いた時改めて時間の有益さに気づかされました。
私自身のルールとして10分前には必ず準備が出来ている状態を作るようにしてます。
当たり前の事ですが、当たり前の感覚は皆さん違いますよね。
その行動が会社のブランドを傷つけてしまったり、話を聞いてもらう姿勢にならなかったりしてしまうのです。

皆さんも時間の使い方を改めて見直す事で自分や組織に取って有益になるので考えてみてはいかがでしょうか?

また、会社を経営する経営者さんやリーダーの方、組織の全従業員の方が時間を無駄にしてないですか?
是非、見直してみてください。
少しでも皆さんの意識が高まれば、生産性が上がってきます。
またリーダーの方の時感覚によって従業員の成長につながり、目標や目的に近づくスピードが上がります。
組織運営の原理原則を多くの方に知って頂ければ幸いです。


識学認定講師

中村 浩樹

某美容関係の営業に入社。
営業をしていく中で、経営者のマネジメントに課題を見つける。
識学と出会う。
自分自身にも沢山の誤解や錯覚が発生する事を、より多くのリーダーに識学のマネジメントを知って頂くことで、更に現場、組織を成長に導けると考え、識学事業部に入社。識学講師となること決意。
2019年より識学講師として活動し、現在に至る。

おすすめ

人気の投稿