強いコミュニティを作るには

「適材適所」という言葉、あなたは知っていますか?

昨今は個を重要視するという流れがあり、スポーツや会社などでよく耳にすることでしょう。
「適材適所」とは、個々の希望や特性に合わせて配置をすることで、個々人が特性を発揮し、組織力を高めるという意味です。
言葉の意味を聞くと、一見いい言葉だと感じます。しかし組織において、本当に適材適所が最適なのでしょうか?

弱小サッカー部に、強豪野球部の4番打者が入ったとします。
サッカー部の監督は、4番打者に合わせたフォーメーションを組むでしょうか?そんなことはありませんよね。
例え甲子園優勝校の4番打者だとしても、その人を中心としたサッカーのポジションを組んでしまっては、サッカーの試合に勝つことはできません。
どれだけスキルの高い人や豊富な経験を持った人であっても、サッカー部にとって必要な特性や経験がなければ、その能力は無意味となってしまいます。

スポーツで考えると「そんなの当たり前だろ」と理解できますが、会社組織だとどうでしょうか。先ほどのサッカー部のような采配、していないと言い切れるでしょうか?

サッカー部の監督が「適材適所」の思考でポジションを組むとサッカーに勝てないように、会社などの組織においても目標達成が困難になっていきます。
私も経験しましたが、個人に機能を合わせてしまうと属人化し「○○さんがいないからわからない」という状態になってしまいます。またその結果、個人が強くなり上司の言うことを聞かなくなるということもありました。

ではどうすればいいのか。その答えは「目標達成の為に必要な機能を明確に設定し、管理育成していく」ことです。

どこのコミュニティにおいても必要な機能があり、メンバーはコミュニティの求める機能に合わせることが重要になります。

多くの方が誤解している「適材適所」、会社組織のトップの方は改めて組織の運営を見直す機会になれば幸いです。


識学認定講師

中村 浩樹

某美容関係の営業に入社。
営業をしていく中で、経営者のマネジメントに課題を見つける。
識学と出会う。
自分自身にも沢山の誤解や錯覚が発生する事を、より多くのリーダーに識学のマネジメントを知って頂くことで、更に現場、組織を成長に導けると考え、識学事業部に入社。識学講師となること決意。
2019年より識学講師として活動し、現在に至る。

おすすめ

人気の投稿