「理想の上司」とは

突然ですが、2021年は皆さんにとってどのような年でしたか?
新しいことに挑戦し、成長する1年になりましたか?

新たに役職についた方もいるでしょう。環境も部下も変わる中で、試行錯誤したことでしょう。

ここで、2021年を振り返ってみてください。管理職のみなさんは、どのような上司でしたか。「理想の上司」になれましたか?

昨今「パワハラ上司」や「モラハラ上司」などを耳にする中、ほとんどの管理職は理想の上司であろうと努力していることと思います。
では、「理想の上司」とは、具体的にどのような上司でしょうか。
今回は、「理想の上司」について考えていきたいと思います。

多くの管理職が思い描いている「理想の上司」とは、以下のような上司ではないでしょうか。
「部下が悩んでいるとき、親身になって相談に乗ってくれる」
「部下が何か成果を上げたときに、褒めてくれる」
「常に部下のことを考えていて、話しやすい雰囲気を作ってくれる」

まとめると「部下にとって働きやすい環境を作ってくれる」。そんな上司が「理想の上司」であると思ってはいませんか。

しかし、考えてみてください。部下にとっての「理想の上司」とは、会社にとっての「理想の上司」になっていますか。

大前提として、社員はなぜ会社に勤めているのかを考えてください。
それは「会社の業績に貢献するため」です。その対価として給与をもらっているというのが事実です。

では先ほどの「理想の上司」は、会社の業績に直結する動きはできていますか?
多くの管理職は「部下にとっての」理想の上司になろうとするばかりで、「会社にとっての」理想の管理職になることを疎かにしているのです。

本当の「理想の上司」をお伝えします。それは「チームを勝利に導くことができる上司」です。

会社の業績に貢献する動きができていなければ、上司である前に社員の責務を全うしていないのです。
常に会社の利益のために意思決定をし、部下に適切な目標を設定して成長させる。そしてより高い目標に向かって意思決定を行い、チーム全体を勝利に導く。
この動きができる上司には、自然と部下がついてくるでしょう。「部下のために」と考えなくても、それが真に部下のためになっているのです。

「チームを勝利に導く」方法は、識学が様々なものを提供しています。
識学講師による無料相談も受けていますので、気になる方は気軽にお問い合わせください。全ての管理職が「理想の上司」になるその日まで、識学は歩みを止めません。


識学認定講師

中條 稔久

大手中古車販売会社に新卒で入社。
お客様の信頼と実績を重ね、翌年に売上と買取台数の2部門において社内最高評価を頂き表彰される。その後史上最速で昇進、過去最高成績を上げる。
昇進後、マネジメントについて学んでいる中で、店舗ビジネスにおいて莫大な成果を上げている株式会社P-UP Worldを知り、自身も識学を広めたいと考え転職。
識学講師として現在に至る。

おすすめ

人気の投稿