catch-img

プレイングマネージャーとは? ㈱ピーアップ 識学認定講師 中村浩樹

執筆:

株式会社ピーアップ

識学認定講師

中村浩樹

企業によってはプレイングマネージャーというポジションがあります。


プレイングマネージャーの役割を誤解していませんか?


私は識学を知る前はプレイングマネージャーとは、プレイヤーとしての評価をされ、誰にも負けない数字を叩き出す事が求められていると誤解していました。


​これが間違いでした。​



​上司との認識がズレてしまっていたのです。​

評価者が求めている事が出来ていなかったらもちろん評価は下がります。



事実として、営業能力が高いからその個人は次の役職に抜擢されます。

営業能力が高い部下に任せれば、売上が上がる可能性が高いので、上司としてはいいですよね。

しかし、役割が明確ではないと上司と部下の認識が大きくずれてしまいます。



では、プレイングマネージャーの役割を誤解している人はどういう思考になっているでしょう​か?​


管理機能よりも営業が評価されると誤解してい​ます


管理業務をやらなくても数字を出していれば評価されるんじゃないかと。

営業で評価されているから今の役職につけたと錯覚しています

そして、部下よりも営業能力で勝っていないと錯覚し、営業能力が高い部下が出てきたらポジションがとられると錯覚します。



プレイングマネージャーとして重要な事は、ルールを設定し、管理していく事です。



組織の階層は何で分けられているかを考えてみましょう。


組織の成果を最大化する為に階層が分かれていますよね。

その役割には、責任を果たす為に権限が与えられます。


営業能力がどんなに高いプレイングマネージャーがいても、ルールを決定管理機能していなければ、部下の成長はしません。

マネジャーとしての役割を果たせていないですよね。


プレイングマネージャーがルールを決定・管理していけば、営業能力が高い部下を育成する事が出来ます。

短期の売上だけで見れば、営業能力が高い部下の方が、会社の売上は良くなりますが、長期的に見れば、マネージャーの機能をしている部下の方が、売上は上がります。


部下を成長させる覚悟が重要です。


これこそが上司にとっての重要な役割であると言うことを意識してみてください。



いろんな方々に少しでも識学を知っていただければと思います。


識学認定講師

中村浩樹

某美容関係の営業に入社。
営業をしていく中で、
経営者のマネジメントに課題を見つける。
識学と出会う。
自分自身にも沢山の誤解や錯覚が発生する事を、より多くのリーダーに識学のマネジメントを知って頂くことで、更に現場、組織を成長に導けると考え、
識学事業部に入社。
識学講師となること決意
2019年より識学講師として活動し、現在に至る。