【9月23日】『識学』コロナ禍における経営の識学式正しい判断とは

株式会社識学 代表取締役・安藤 × 株式会社P-UP World 執行役員・大熊(識学シニア講師)によるコロナ禍における経営においての判断とは!

9月23日(水)14時~16時


コロナ禍において様々な情報が錯そうする中、株式会社識学・株式会社P-UP World2社による判断や事例を公開 テレワーク・ジョブ型評価・助成金・感染対策など コロナ禍における様々な企業の事例や、情報が錯そうし 自社において何を導入すべきか、どのように判断しているのかお悩みの経営者様は非常に多いと思います。

この状況化において、識学代表安藤は何を基準に判断しているか、また識学導入企業であるP-UP Worldが事実に基づく識学導入企業の事例を公開していきます。

株式会社P-UP Worldは2015年に識学導入。2019年度は過去最高業績の年商483億円、総従業員数1200名、運営店舗数230店舗、グループ企業7社と識学導入後、最も成功した企業のひとつです。 https://www.p-up.jp/

本セミナーでは、識学受講後、自らも株式会社識学の公式パートナーとして識学講師を務める執行役員の大熊氏も登壇、共催セミナーとしては初開催となります。

本セミナーにて、今後の経営における識学式の正しい判断とは何かを多くの経営者様にお伝え出来れば幸いです。

第一部 株式会社識学 代表取締役安藤による【情報の大切さ】とは

第二部 株式会社P-UP World 執行役員大熊による【自社事例】

第三部 質疑応答・ご案内

登壇者


大熊 憲二

株式会社P-UP World
執行役員 兼 識学シニア講師

2011年入社 ソフトバンク事業部に配属となり、史上最速の9ヵ月でマネージャーに昇進し、店舗拡大に貢献
2014年モバイル事業部移動となり、業界全体が縮小傾向で低迷する中、200坪以上の超大型店等の新規出店に従事
2016年に識学と出会い、識学に基づくマネジメントを徹底し、モバイル事業統括として史上初の年間目標完全達成を記録
自身の経験を生かし、コンサルティング事業部長兼識学認定講師として現在に至る

こんな方におすすめ!

・部下の生産性を高めるマネジメント手法を知りたい方

・根本的な評価制度構築の考え方を学びたい方

・組織に関してお悩みの方

多くの経営者様にご好評いただいております。

【先着20名】先着順となります。

セミナー概要

日時    2020年9月23日(水)14時~16時   

定員    20名様(先着)

場所    株式会社識学 本社・セミナールーム

〒141-0032 東京都品川区大崎2丁目9−3 大崎ウエストシティビル 1階      

参加費無料


お問合わせ 株式会社P-UP World 組織コンサルティング事業部
      TEL:03-5829-8444


参加申し込みフォーム


9月23日(水)14時~16時 @大崎(株式会社識学 本社・セミナールーム)

参加希望の方は下記にご入力の上、送信をお願いいたします。


オンライン視聴会場にて参加


代表役員部長課長主任一般


おすすめ

人気の投稿